ABOUT

農業印象派

赤磐からAKAiiWAへ

岡山の「赤磐」から全国区の「AKAIIWA」へ。赤磐市の生産者が収穫する農産品や赤磐市民の生活・文化をAKAiiWAブランドとして発信。未来へ向けて確かな赤磐を創造するための計画。

なぜ「印象派」?

「印象派」とは、19世紀後半、フランスで起こった絵画のムーブメント。モネやルノアールなどが有名、古い伝統の殻を抜け出て、自由で明るく、色彩豊かな手法で描かれた田園風景が、その象徴でしょう。これは、言うまでもなく赤磐の風景に通じる世界。そして、明るい日常、新しい手法は、まさにAKAIIWAの農業が目指すべきもの。
そこからインスピレーションを得て、これからの農業の一つのカタチ、即ち、明るくのびのびとした、若者も憧れを抱くような農業を志向していくキーワードとして「印象派」という言葉を採用しています。

AKAiiWAブランドで全国へ

瀬戸内の陽光の下で営まれる明るく輝く農業。
そこから生まれるクオリティの高い農産品を真のブランドとして育て、知名度を高めていきます。そのためには、農業生産者の方々が今まで以上にイキイキと農業に従事できることが不可欠。地域のみなさま全員で考え、すすめています。

農Cafe

赤磐市民に憩いの時間を過ごせる場を提供。熊山・英国庭園内に農カフェ0号店を開設。AKAIIWAの農業を代表する野菜や卵を主材料にしたメニューを展開していきます。ここでの経験とデータを活かし、赤磐市内に数店舗を展開していく計画です。

COFFEE

オリジナルコーヒーを開発中。AKAIIWAの特徴を活かした桃やぶどうのフレーバーを加味したコーヒーを、新たな赤磐の特産品=ブランドとしての全国販売を目指していきます。

マルシェ

農カフェに併設して、赤磐市の農業生産者が丹精を込めた特徴ある農産物を即売する市場を開設。「AKAiiWA VEGE」などのブランド商品も前面に打ち出し、市内はもとより、近隣市町村からの集客、さらには県外からも集客できるような広報・プロモーションを展開していきます。

新・農産品の開発

若手農業家との連携も図り赤磐市の新たな特産品として認知されるような農産品を開発。無農薬だけでなく、新しい品種の野菜など、近隣の岡山市のレストラン等からの需要も見込めるような、付加価値の高い農産品で、地元の農業生産者の方々に高収益を目指していただきます。

ふるさと納税返礼品

赤磐市の「ふるさと納税返礼品」について、従来からの「桃」「ぶどう」などが「季節限定」であるという弱点を補うべく「通年対応」できるAKAiiWAブランドの農産品を提供。ブランドの知名度を上げるのみならず、ふるさと納税への関心度・成約率を高めていきます。

農泊 / アグリツーリズモ

農家に宿泊し、農業を体験するツアーを企画。地元の人々が、外部のお客様と交流することで、地域が活気づくことを狙います。そのために、宿泊のための設備改良や人材の育成、プランづくりなどを進めます。

カルチャー教室

農カフェ0号店を開設する熊山の英国庭園で、既存の施設を活用した各種のカルチャー教室を展開。陶芸や絵画、華道、英会話など、地元の方々に楽しみながら学んでいただく教室で、農カフェへの集客も図っていきます。

ガーデンシティ

若手アーティストの参加を促し、赤磐市内の建物やストリートに、アートペインティングを実施。市民に愛されるアートによって、街を明るく活性化していきます。

ホームページの展開

AKAIIWAの新しいイメージを効果的に発信していきます。

AKAiiWA 光と緑とアートと

陽光がまぶしい南斜面広がるAKAiiWA CITY。
多くの人々が田園でイキイキと農業に勤しんでいる。
ここが、今、話題の「農業印象派 AKAiiWA」の舞台だ。
桃、ぶどうが名高い。
でも、それだけではない AKAiiWA AGRI。
全国的にもAKAIIWAの名が知られるようになり、観光に訪れる人々も多くなってきた。
農家の人々がどこか垢抜けている。
アグリツーリズムのメッカを目指す。
農作業の合間にくつろぐその手にはコーヒーカップが…。
これが有名な AKAiiWA コーヒーのピーチフレーバーか。地元で穫れる桃やぶどうの香りがなんとも心地良い。
AKAIIWAの名を高めた、あのコーヒーだ。
熊山英国庭園にある農カフェ0号店は、今日も賑わっている。
地元のベテラン主婦がたまごや野菜料理を作っている。すべてAKAIIWA産だ。
コーヒーを焙煎しているのも地元のおじさん。
近隣の人々だけでなく、観光客や家族連れも混じって活気に満ちている。
AKAiiWAブランドの名は日増しに高まっているのだ。
近くの鶏舎は、壁や屋根にアートペインティングが施されている。
街中に AKAIIWA に触発された若手アーチストの作品が置かれている。
こうした AKAIIWA の自然や気候、農ライフに憧れてか、旅行者だけでなく長期滞在、中には移住する人も増えてきている。
老と若、都会人と農村人との望ましい交流と循環が AKAIIWA に生まれてきている。
それこそがみんながめざす AKAiiWA AGRI CULTURE 。